カテゴリー別アーカイブ: 松戸歯学部

日本大学松戸歯学部在校生広島県人会 並びに中四国合同県人会 

この度の広島県人会並びに中四国合同県人会を平成25年6月15日(土)午後7時から上野「東天紅」にて開催させて頂きました。 昨年に引き続き愛媛県人会、岡山県人会、鳥取県人会と合同となり、日本大学松戸歯学部から来賓として、顎顔面外科学教授の近藤壽郎先生、顎変形症治療学教授の大峰浩隆先生、景山先生、顎口腔機能治療学准教授の小見山先生、有床義歯補綴学の伊藤先生、末光先生、歯科麻酔学講座の下坂先生、歯科総合治療学講座の内田先生、小児歯科学講座の平木先生、歯科放射線学講座の桑原先生、日本大学松戸歯学部同窓生でもあり、広島県支部出身で現在は東京在住の近藤先生、武田先生、高村先生、日本大学松戸歯学部同窓会広島県支部からは、二木支部長、平岡幹事長が出席されました。多数の先生方におかれましては大変お忙しい中ご出席をして頂きまして紙面をお借りして御礼申し上げます。 宴会は始めに近藤先生よりご挨拶頂き、二木先生のご挨拶を頂き、続いて大峰先生より乾杯の御発声を頂きました。その後は学生会員が自己紹介を含め、今年1年の抱負を発表し、また先生方とは気軽にお話させて頂き、終始和気藹々とした雰囲気の中進行し、最後は岡山県人会を代表して小見山先生から閉会のご挨拶を頂き、無事県人会を終了することができました。 今回の広島県人会も私たち学生のために、ご多忙の中にもかかわらず大勢の先生方にご出席頂き、誠に有り難うございました。この広島県人会は、先生方との意見交換を始め大学生活や今後の学業の相談等、私達学生にとってご指導を頂ける大変貴重な場であり、このような会を毎年開いて頂き大変感謝しております。 まだまだ力不足もあり迷惑をかけることもありますが、どうぞ今後とも先生方の御指導御鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。 学部5年 風呂川 聡

カテゴリー: 松戸歯学部 | コメントは受け付けていません。

日本大学松戸歯学部同窓会広島県支部 第8回広島県支部定時総会

日本大学松戸歯学部同窓会広島県支部 第8回広島県支部定時総会  17期石津信幸      平成25年6月8日(土)広島県広島市のメルパルク広島において平成25年度第8回日本大学松戸歯学部同窓会広島県支部定時総会が開催された。 午後5時より平岡弘光幹事長の司会のもと喜田勝幸副支部長の開会の挨拶により総会が始まった。二木由峰支部長の挨拶の後、西田弘明氏が議長に選出され、会務報告、議事へと移り、会計収支決算の承認、会計予算の承認と提出されていた議案が全て承認され、児玉暢生副支部長の閉会の挨拶にて総会は終了した。 その後ご来賓の牧村正治日本大学専任副学長、杉田和実日本大学松戸歯学部同窓会会長代理、福本雅彦日本大学松戸歯学部教授より同窓会並びに学部の現況(松戸歯学部の学生、人事、入試、学費など)を交えたご挨拶をいただいた。 その後記念撮影の後、会場をメルパルク広島「平成の間」に移し日本大学歯学部同窓会広島県支部との合同懇親会が行われた。 山田庸二氏の司会のもと、上重則之歯学部同窓会広島県支部長、二木由峰松戸歯学部同窓会広島県支部長より支部長挨拶があり、ひき続きご来賓の、牧村正治日本大学専任副学長、杉田和実日本大学松戸歯学部同窓会会長代理、福本雅彦日本大学松戸歯学部教授、小幡純日本大学歯学部同窓会会長、越川憲明日本大学歯学部学部長の紹介が行われた。 県下各地より集まった歯学部、松戸歯学部同窓会員はご来賓の先生方を囲み、途中、サックスによるジャズ演奏や、じゃんけんゲームなどの余興もあり、楽しいひと時を過ごした。午後8時30分に小林英樹氏の指揮のもと全員で校歌を斉唱し福場祥朗副支部長(歯学部)の閉会の挨拶にて本日の総会の全日程を盛会のうちに終了した。

カテゴリー: 松戸歯学部 | コメントは受け付けていません。

日本大学松戸歯学部同窓会広島県支部 総会、懇親会のご案内

新緑の候、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。 平素はひとかたならぬ御愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、日本大学松戸歯学部同窓会広島県支部総会のご案内を申し上げます。 本年度は、駿広会の先生のご協力で総会及び懇親会共に広島市にて開催となりました。 懇親会につきましては、日本大学歯学部同窓会広島県支部と共同開催とさせて頂きます。 なにぶん,松戸同窓会は全員でも30名と少ないですので出来れば全員の先生のご出席をお願い致したく存じます。 よろしくお願い致します。 開催日:平成25年6月8日土曜日 開催場所:メルパルク広島5階「瀬戸の間」  広島市基町6-36  電話082-222-9867  ファクス082-222-8504 開催時間:午後5時から8時30分まで 日本大学松戸歯学部同窓会広島県支部総会ならび に写真撮影 開催時間:午後5時から6時30分まで 来賓: 日本大学松戸歯学部同窓会会長代理        杉田和実 先生 日本大学専任副総長               牧村正治 先生 日本大学松戸歯学部学部長代理臨床病理学講座教授 福本雅彦 先生                                     懇親会(6階「平成の間」にて開催) 開催時間:午後6時30分から午後8時30分まで 連絡先:平岡歯科医院ファクス番号  082-263-1573 5月25日土曜日までにお願い致します

カテゴリー: 松戸歯学部 | コメントは受け付けていません。

平成24年度駿広会学術講演会ご案内

平成24年度駿広会学術講演会ご案内 会長  鵜崎 裕則 残暑の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。さて、平成24年度駿広会学術講演会の日程が決まりましたのでご連絡します。今回は、日本大学松戸歯学部准教授大峰浩隆先生に「はまる抜歯を再考する」と題して日常の抜歯についての勘どころについて実際の抜歯の症例をとうしてのピンポイトでご講演をして戴きます、必ず、明日からの診療に役立つ情報が得られると思います。皆様、奮ってご参加してください。なお、ご出席の有無を来る8月27日月曜日までにファクスにて平岡歯科医院までお返事下さい。よろしくお願い致します。 [日程]   平成24年9月1日土曜日 [講演時間] 午後6時から 午後8時まで [講演会場] 「広島エソール2階」県歯科医師会館となり [懇親会場]  場所を選定中です。当日、御案内致します。午後8時10分 [演題]   「はまる抜歯を再考する」 [講師]   日本大学松戸歯学部 准教授 大峰 浩隆先生 [講演会費] 無料です [懇親会費] 5000円  [講演内容] 「はまる抜歯を再考する」 日本大学松戸歯学部 診療教授     顎顔面矯正学講座 准教授 大峰浩隆 「抜歯」は縄文時代後半から始まり、晩期(約3000~2300年前)には成人のほとんどが行っていたといわれています。健康な歯を抜く儀式(ぎしき)なので肉体的に激しい苦痛を伴うものですが、縄文人にとっては一生のうちで最も大切な儀式の一つだったと考えられています。  こんな状況は、現代ではあり得ません。(と思いきや矯正治療での便宜抜歯が残っておりました。しかし、これはあくまで本人が望んで溶解のもとに行っていることですが・・・)  出来る限りの保存の手だてを考え、駆使した後にそれでもだめな時に、抜歯に至ることとなります。  そうなれば、もう残根は当たり前。歯冠を抜歯鉗子で把持するなんてことはほぼ皆無に等しい状況です。もちろん患者さんは、「こんな歯なんだから、簡単に抜けるよね。」なんて、平気でおっしゃいます。そんな抜歯こそ日々の診療に多大なるストレスを感じさせ、そして大切な診療時間が無駄に費やされてしまうのです。 「はまった!!!」  なんて、嫌な言葉でしょう。  そんなことにならない様にと、今回で切る限り日常でみられそうで、ちょっと厄介な抜歯の症例を集めてみました。 皆さんと一緒に悩みながら、ちょっと参考になるお話が出来ればと思います。 連絡先:平岡歯科医院   FAX 082-263-1573  TEL 082-263-1100 以下の内容を記入の上、上記連絡先までFAXをお願いします。 ーーーーーー<ここから>ーーーーーーーーーーーーーー 講演会に   ○出席します / 欠席します 懇親会に   ○出席します / 欠席します お名前: メールアドレス:   電話番号: ファクス番号: ーーーーーー<ここまで>ーーーーーーーーーーーーーー

カテゴリー: 松戸歯学部 | コメントは受け付けていません。

日本大学松戸歯学部広島県県人会 開催しました

この度の広島県人会並びに中四国合同県人会を平成24年6月16日(土)午後7時から上野「東天紅」にて開催させて頂きました。 昨年に引き続き愛媛県人会、今年から岡山県人会、島根県人会と合同となり、日本大学松戸歯学部から来賓として日本大学松戸歯学部学部長の牧村正治先生、顎顔面外科学講座の近藤先生。歯科臨床検査医学講座の福本先生、深津先生。顎変形症治療学講座の大峰先生、景山先生。顎口腔機能治療学講座の小見山先生。口腔インプラント学講座の村上先生、クラウンブリッジ補綴学講座の小林先生、若見先生。歯科総合診療学講座の内田先生。 日本大学松戸歯学部同窓生でもあり、広島県支部出身で現在は東京在住の近藤先生、武田先生、高村先生、平木先生、今年研修医になられた桒原先生、日本大学松戸歯学部同窓会広島県支部からは、平岡幹事長が出席されました。 多数の先生方におかれましては大変お忙しい中ご出席をして頂きまして紙面をお借りして御礼申し上げます。宴会は始めに日本大学松戸歯学部学部長の牧村正治先生のご挨拶を頂き、続いて近藤先生よりご挨拶頂き、福本先生のご挨拶を頂き、続いて平岡幹事長より乾杯の御発声を頂きました。 その後は学生会員が自己紹介を含め、今年1年の抱負を発表し、また先生方とは気軽にお話させて頂き、終始和気藹々とした雰囲気の中進行し、最後は愛媛県人会を代表して村上先生から閉会のご挨拶を頂き、無事県人会を終了することができました。 今回の広島県人会も私たち学生のために、ご多忙の中にもかかわらず大勢の先生方にご出席頂き、誠に有り難うございました。この広島県人会は、先生方との意見交換を始め大学生活や今後の学業の相談等、私達学生にとってご指導を頂ける大変貴重な場であり、このような会を毎年開いて頂き大変感謝しております。 まだまだ力不足もあり迷惑をかけることもありますが、どうぞ今後とも先生方の御指導御鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。 学部4年次 風呂川 聡

カテゴリー: 松戸歯学部 | コメントは受け付けていません。